投資関連

つみたてNISAとは?商品や証券会社の選び方!

   

 

つみたてNISA(ニーサ)について

つみたてNISAとは

2018年1月に始まった少額投資非課税制度のことです。

つみたてNISA口座を利用して投資信託を積み立てした場合、毎年40万円までの新規購入分を対象に、売却時の値上がり益(譲渡益)と配当金(普通分配金)が非課税になります。

通常、株や投資信託などを購入して得られた配当や譲渡益には20.315%の税金がかかります。でも、NISA口座を利用すれば0%になります!

とてもお得な制度なので、まだ利用していないという方は、ぜひ確認してみてくださいね。

 

仕組みはこれまでのNISAと同様ですが、「非課税となる投資信託の対象商品が全部で120本程度非課税投資枠が年間40万円まで非課税期間が20年間」など条件が異なります。

 

対象商品は、購入時手数料や信託報酬が低く、分配頻度が少ないなど、厳選された投資信託と上場株式投資信託(ETF)となっています。

少額から毎月コツコツ、年間40万円ほどの投資金額で、長期での資産形成を考えている方におすすめの制度です。

 

つみたてNISAの概要

非課税対象 投資信託の値上がり益や分配金

※対象商品から選ぶことになります。

非課税投資枠 毎年40万円まで

※投資を行なわなかった未使用分を翌年以降へ繰り越すことはできません。

非課税期間 投資した年から最長20年間
制度継続期間 2018年~2037年

毎年40万円×20年間=最大800万円非課税枠を利用できます。

NISAを利用できる方 日本に住む20歳以上

つみたてNISAとNISAはどちらか1つを選択することになります。

 

 

対象象商品

長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託

例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの

  • 販売手数料はゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
  • 顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
  • 信託契約期間が無期限または20年以上であること
  • 分配頻度が毎月でないこと
  • ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

出所:金融庁

 

注意点

  • NISA口座は非課税口座以外で発生した損益と損益通算することはできません
  • NISA口座は1人1口座しか開くことはできません。
  • NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更可能です。しかし、開設したNISA口座で株式や投資信託をすでに購入している場合は、その年は金融機関を変更できません。
  • つみたてNISAと一般NISAは1年単位でしか変更できません。
  • 毎40万円の非課税投資枠がありますが、未使用分があっても翌年以降に繰り越すことはできません。

 

つみたてNISAは、こんな人におすすめ!

・長期的にのんびり投資をしたい方

つみたてNISAの非課税期間は20年間です。長期的に無理のない金額で、のんびり投資を続けていきたい方におすすめです。

 

・年間投資金額が40万円未満で考えている方

つみたてNISAの年間非課税投資枠は40万円です。12カ月で割ると、毎月33000円ほど利用できます。つみたてNISAの場合、金融機関ごとに異なりますが、毎月100円から積立できる証券会社もあるので、かなり少額から始めることもできます。

 

・投資初心者で商品選びに迷っている方

投資信託は日本で約6000本あるといわれていますが、投資初心者が選ぶのはなかなか大変ですよね。

つみたてNISAでは、非課税の恩恵を受けられる商品は120本程度に厳選されており、投資初心者でも選びやすい仕組みになっています。

しかも対象商品は、購入時手数料や信託報酬が低く、分配頻度が少ないなど、中長期的な資産形成に適した商品が選ばれています。

なかでも代表的な指数に連動するインデックスファンドが非常に多いです

これらは、ネット証券で購入すれば、基本的に販売手数料は無料ですし、信託報酬はとても安くなっています。

つみたてNISAに限らず投資信託を購入するときには個人的にとてもおすすめの商品です。

 

NISA口座の開設はネット証券がおすすめ

NISA口座は、証券会社、ネット証券、銀行など多くの金融機関で始めることができます。金融機関は色々ありますが、NISAを始めるならネット証券がおすすめです。

 

ネット証券は以下の特徴があります。

  • 投資信託の品揃えが豊富
  • 販売手数料無料のノーロードファンドが多い
  • インデックスファンドが多い

なかでも、SBI証券や楽天証券は1位2位を争う品揃え!新商品などもすぐに取り扱いを開始してくれるので、安心して商品を探すことができます。

日ごろからネットショッピングなどを行い、ネットに慣れている方には、ネット証券での購入を検討してみてください。

 

でもなぜ、商品数が多いほうがいいのでしょうか?

それはもちろん♪多くの商品を扱っている証券会社で口座を開設すれば、商品の選択肢が広がるからです。

そもそも、NISAは、実際に投資をする際に「つみたてNISA」か「従来のNISA」どちらにするかを毎年選ぶことができます。

つみたてNISAは対象商品の中から選ぶことになりますが、従来のNISAは幅広い商品から選ぶことができます。=対象商品が細かく決まっていないんです。

なので、商品をたくさん扱っている証券会社であれば、幅広い商品の中から気に入ったものを見つけることができます。

従来のNISAを使用することも考えて、口座を開設する前に考えておきましょう。

※商品の品揃え、販売手数料はそれぞれの金融機関によって異なります。購入前に必ず確認しましょう。とくに銀行では、商品数よりも質を重視して取扱商品を厳選して採用する傾向があります。そのため、「購入したい商品が置いてない、インデックスファンドが少ない」ということもよくあるのでご注意ください。

 

まとめ

いかがでしたか?

私は従来のNISAが始まった2014年から利用していますが、2017年12月末時点で150万円以上の利益が出ています。通常20%の税金がかかるのが、NISAのおかげで非課税になるので、本当にお得な制度だなと実感しています。

2018年1月から「つみたてNISA」も始まったので、「NISA」「つみたてNISA」への注目はさらに高まるはずです。

投資信託は、積立投資を利用した「つみたてNISA」であれば、金融機関によっては100円から気軽に始めることができます。投資を始めようか迷っている方はぜひ検討してみてください。

 

「NISA」についてはこちら

「積立投資」についてはこちら