日本株式ファンド

【解説・評価】SBI日本小型成長株選抜ファンド(愛称:センバツ)-SBIアセットマネジメント

SBIアセットマネジメントが運用する『SBI日本小型成長株選抜ファンド(愛称:センバツ)』という投資信託をご存知ですか?

商品の仕組みや、このファンドに対する個人的な感想について、詳しくご紹介します^^

SBI日本小型成長株選抜ファンド(愛称:センバツ)とは?

  • SBI日本小型成長株選抜ファンド(愛称:センバツ)
  • 運用会社:SBIアセットマネジメント

中小型株式に投資

マザーファンドを通じて、日本の上場株式のうち、成長性の高い中小型株式に投資するアクティブファンドです。

目論見書には、新規公開という、いわば「第2の創業期」を成長の契機として、新たに成長を加速する、企業家精神に溢れた「次代を拓く革新高成長企業」に厳選投資します。と書かれています。

分かりやすく言うと、新規上場して間もない会社にも投資するということです。

 

出所:SBIアセットマネジメント HP

 

ファンドの仕組み

ファミリーファンド方式のファンドです。なので、マザーファンドを通じて株式に投資する仕組みになっています。

出所:SBIアセットマネジメント HP

 

(参考)ファミリーファンド方式とは、まず投資家から集めた資金をベビーファンド(当ファンド)としてとりまとめて、その資金をマザーファンドに投資します。そして、マザーファンドが実際に株式などを売買します。

なので、ファミリーファンド方式と呼ばれるファンドの実質的な運用は、マザーファンドで行う仕組みとなっています。

 

運用プロセス

株式への投資は、‌エンジェルジャパン・アセットマネジメント株式会社より投資に関する助言を受けて運用します。

運用プロセスは以下の通りです。

出所:SBIアセットマネジメント HP

徹底的な企業訪問等による調査・分析を通じて、中長期的に成長が期待できると銘柄へ投資します。

 

商品詳細

そのほか、手数料等の概要は以下の通りです。

『SBI日本小型成長株選抜ファンド(愛称:センバツ)』

運用:SBIアセットマネジメント
決算日:毎年6月22日、12月22日
分配金:実績なし
設定日:2014年3月28日
信託期間:無期限
購入時手数料:上限3.0%(税抜)
信託財産留保額:0.3%
信託報酬:年率1.35%(税抜)

※実績報酬あり:信託報酬とは別で配当ウォーターマークの超過分については12.9%(税込)の報酬がひかれる仕組みになっています。

(2018年6月29日時点)

運用状況(2018年6月22日現在)

基準価額の推移

基準価額:22,970円 純資産総額:4,123百万円

設定来のチャートは以下の通りです。

出所:SBIアセットマネジメント HP 週報(2018年6月22日基準)

 

2018年2月に世界的な株価暴落がありましたが、まだ暴落前の水準まで回復していませんね><

でもあともう少しです。

他社の日本株ファンド(中小型株式ですが・・)では、暴落前の基準価額の水準まで回復しているファンドも結構あるので少しマイナス評価。

 

騰落率

出所:SBIアセットマネジメント HP 週報(2018年6月22日基準)

2018年6月22日基準の週次レポートによると、1年間で+43.7%上昇しています!

すごいですね!!!

 

組入銘柄

2018年6月22日基準の週次レポートによると、組入上位10銘柄は以下の通りです。

出所:SBIアセットマネジメント HP 週報(2018年6月22日基準)

 

計51銘柄に分散投資しています。

(ちなみに運用報告書の全体版を見ると、決算日時点で保有している全銘柄を確認できますよ♪)

 

市場別でみるとこんな感じ。

出所:SBIアセットマネジメント HP 週報(2018年6月22日基準)

 

分配金実績

分配金は年に1回決算日に出しています。

出所:SBIアセットマネジメント HP 週報(2018年6月22日基準)

過去に1度も分配金は出していません。

ファンドの成績が好調にもかかわらず、分配金を出していない点は高評価です^^

 

評価

◎成績優秀

2018年6月22日基準の週次レポートによると、この不安定な相場の中、1年間で+43.7%上昇しています!

まだ2月の暴落前の水準に戻っていませんが、だいぶ回復しており、中小型株式ファンドの中でも比較的成績は良いファンドです。

 

◎分配金なし

分配金は、基本出さない方針のようなので高評価です♪

最近は、成績の良いファンドは分配金を多めに出すことが多いのですが、私はそういうファンドはあまり好きではありません。

分配金が出るファンドは、分配金を再投資したとしても投資効率が悪くなってしまうので、分配金は出さない方がよいなーと思います。

 

◎信託期間が無期限

日本株ファンドって、信託期間を10年程度で設定しているファンドが多いんですよね。。。

でも信託期間=運用期間が決まっていると、相場が暴落した際に挽回できない場合もあるので、注意してくださいね。

一方、『SBI日本小型成長株選抜ファンド(愛称:センバツ)』の信託期間は無期限!です!

期間について気にしなくて大丈夫なので、その点は安心ですね。

 

▲変動リスクが高い

超小型株式に投資しているので、変動リスクが非常に高いファンドです。

上昇相場では勢いよく上がりますが、下落し始めると一気に大暴落する可能性があります。

また、日経平均の動きと比較する方がいますが、日経平均は大型株式が中心です。本ファンドは日経平均とは異なる動きをするのでご注意ください。

 

▲信託報酬が高い

信託報酬は、年率1.35%(税抜)です。

アクティブファンドの中では低いように思えますが、このファンドは実績報酬も別途かかります。

簡単にいうと、決算日時点の基準価額がハイウォーターマークと呼ばれる基準価額よりも高かった場合には、手数料として実績報酬がひかれる仕組みになっているのです。

基準価額が上がり続けた場合には、毎決算ごとに実績報酬が引かれるのでご注意ください。

 

まとめ

いかがでしたか?

SBI証券で大人気の『SBI日本小型成長株選抜ファンド(愛称:センバツ)』についてご紹介しました。

良し悪しありますが、悪くはないと思います。

ただ、中小型株式に投資しているので変動リスクが高いということは覚悟していた方が良いと思います。

 

【注意】2018/6/29現在、販売停止中となっています。

SBI証券のHPを確認したところ、以下のお知らせがありました。

本ファンドの委託会社であるSBIアセットマネジメント株式会社より、現状での資産残高の拡大が今後も続いた場合、付加価値のご提供が将来的に困難になるおそれがあることから、2018年4月10日(火)以降、買付のお申込みを停止する旨のご案内がございました。
詳細はこちらをご確認ください。

これに伴い、同日以降の買付の申込受付を停止させていただきます。注文受付の再開日が未定のため、同日以降の積立買付注文も全て失効(取消)とさせていただきます。(分配金再投資コースにおける収益分配金の再投資は、通常通り発注されます)売却注文につきましては、通常通り受付いたします。

出所:SBI証券HP

国内の中小型株式ファンドの販売停止が相次いでいますね><

販売を再開したらまたご報告します。

ではまた^^