投資信託ランキング

【2018年3月】SBI証券 投資信託・販売ランキング上位5ファンドを紹介♡

出所:SBI証券HP(集計期間:2018/3/1~2018/3/30、更新日2018/3/31)

 

SBI証券HPに掲載されている販売ランキング(月間)上位5ファンドについて、ご紹介します^^

ランキング上位はパフォーマンスもすごく良いですね! 大人気のファンドは資金が集まりすぎて販売中止になる可能性もあるので、気になる方は必見です♡

※以下、ファンドの冒頭に記載します^^

  • 商品名
  • 運用会社
  • ○○%(1年リターン)
  • ○○百万円(純資産)

ひふみプラス +34.99%

  • 1位:ひふみプラス
  • レオス・キャピタルワークス
  • +34.99%(1年リターン)
  • 572,874百万円(純資産)

 

ひふみプラスとは、

主に日本の割安・成長企業に投資しています。特徴的なのは、株式や現金の組入比率を自由自在に動かせる点です。相場の状況次第で、今は株よりも現金化したほうが良いと判断した場合、現金比率を大幅に引き上げることができます(50%未満)。

 

SBI証券のランキングで長期にわたって、上位にランキングしている人気商品です!昨年、TV「カンブリア宮殿」で紹介され、大ヒット♡

私もこの番組を見ていましたが、ファンドマネージャーが1社1社調べて投資銘柄を選んでいく様子や、藤野 英人社長の運用方針、実際に購入して儲かった話が紹介されており、これを見たら、「だれもが買いたくなる」魅力的な内容になっていました。

 

その後は、もちろん爆発的に人気が出て、純資産総額は急増していきました^^

ちなみに、私は番組放送の1年前頃から保有しています♡ 着実に資産が育ってくれて、とても嬉しいです^^

ひふみプラスの詳細は過去の記事でご確認ください^^

【解説・評価】なぜ「ひふみプラス」は人気なの?商品の仕組みと人気の理由について 「ひふみプラス」ってご存知ですか? SBI証券の販売ランキングで半年以上1位をキープしている大人気商品です!商品の...

 

SBI小型成長株ファンド ジェイクール +79.99%

  • 2位:SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)
  • SBIアセットマネジメント
  • +79.99%(1年リターン)
  • 28,904百万円(純資産)

 

最近ランキング上位をキープしているのがjcoolです。SBIアセットマネジメントが運用しているファンドで、運用成績が非常に好調で、とても人気があります。

 

jcoolとは、

日本の株式に投資するファンドで、原則として新規公開後3年以内の企業に投資しています。つまり、上場して間もないIPO銘柄が多くなるようです。

エンジェルジャパン・アセットマネジメント株式会社から助言を受けており、投資候補企業との面談を繰り返し、成長性・収益性等から総合的に分析して、投資する企業を厳選しています。

 

純資産総額は、ひふみプラスの5,728億円よりも圧倒的に少ない、289億円です。

でも、直近1年のトータルリターンを比較すると、ひふみプラス+34.99%に対して、jcoolは+79.99です!すごい^^ 倍以上のリターンになっています。

 

ちなみに、こちらのファンド!2018年1月29日(月)以降、新規の買付のお申込みを停止していました。3月になって、申し込みが再開したという経緯があります。

というのも、今年1月に純資産総額が増えすぎてしまい、このまま増え続けてしまうと運用が難しくなる、との判断だったようです。おそらく、IPO銘柄中心のファンドなので投資先が絞られてしまうのではないかと思います。

確かに、これだけのリターンを出していたら資金が殺到してしまうのは仕方がないですね。なので、今後もjcoolに資金が集まりすぎた場合には、再び申し込みを停止する可能性もあると思います!なので、興味がある方はご注意ください。

また、このファンドは金額指定での購入はできません!口数での購入となります。今時、珍しいですね。NISAでは購入できないファンドです。詳しくはこちらの記事でご確認ください♪

【解説・評価】人気商品が販売停止!?SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)『SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)』ってご存知ですか? SBI証券の販売ランキング上位をキープしている人...

 

楽天日本株4.3倍ブル +73.28%

  • 3位:楽天日本株4.3倍ブル
  • 楽天投信投資顧問
  • +73.28%(1年リターン)
  • 31,216百万円(純資産)

 

楽天日本株4.3倍ブルとは、

日々の基準価額の値動きが、日経平均先物の日々の値動きの概ね4.3倍程度になることを目指して運用を行ないます。日本株相場が右肩上がりで上昇していくときに、絶大な効果を発揮し、高いリターンを期待できます。

 

具体的には、日経平均先物が前日比で+1%上昇なら、4.3ブルは前日比+4.3%上昇。日経平均先物が前日比+2%上昇なら、4.3ブルは+8.6%上昇するということです。もちろん日経平均先物が下落すれば、その分4.3ブルも4.3倍の値動きで大きく下落するのでご注意ください。

 

投資信託といえば、中長期的に資産の成長を図るものです。でも、この商品は決してほったらかしにしてはいけません!とにかくこの商品は値動きが激しいので、相場を日々確認して売り時が来たら、手放すことが大切です。

私はあまり一喜一憂したくないので、ブルベア型の商品は購入しません。以前、2倍のブルの投資信託を購入したことがありますが、仕事中も気になってしまい、たったの3日程度で売ってしまいました><

ニッセイ日経225インデックスファンド +17.29%

  • 4位:ニッセイ日経225インデックスファンド(+17.29%)
  • ニッセイ・アセットマネジメント
  • 17.29%(1年リターン)
  • 135,090百万円(純資産総額)

 

日経平均株価に連動する成果を目指すインデックスファンドです。

シンプルな商品ですが、ランキング5位に入っています。純資産総額も1350億円なので大人気ですね^^

 

しかも、インデックスファンドなのに1年で17.29%のリターン!すごいですね。2月は相場が大きく変動しましたが、それでもこの1年間で日本の株価は大きく上昇したんだなーとしみじみ感じます^^

でも私は日本株のインデックスファンドにはあまり興味がないので、このファンドは購入していません。^^というのも、私は基本的には米国株が好きなので、日本株にはあまり投資しない方針なのです。でも、日本株上昇の恩恵もすこしは受けたいので、購入する場合には厳選したアクティブファンドのみにしています。

ちなみに現在、私が投資している日本株ファンドはひふみプラスjreviveⅡのみです^^

 

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド +12.73%

  • 5位:<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • ニッセイ・アセットマネジメント
  • +12.73%(1年リターン)
  • 79,246百万円(純資産総額)

 

日本を除く主要先進国の株式に投資し、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース) の動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。

 

2018年3月末時点の月次レポートによると、国別比率は 米国65.8%、イギリス7.0%。フランス、ドイツ、、カナダなどが4%程度、そのほか4%以下で先進国が複数入っています。

 

この商品は色々な販売会社のランキング上位の常連ですね。よく見かけます^^

ちなみに私が保有する投資信託のうち、6割ぐらいはこのファンドが占めていますリターンはすでに30%以上で、着実に資産が増えています。信託報酬が低くて、米国を中心とした先進国株式に分散投資できるので気に入っています。^^

このファンドは名前の通り、購入・換金手数料0円で、信託報酬も年率0.20412%! 最近、インデックスファンドの信託報酬の値下げ競争が続いていますが、このファンドもしっかり最低水準のコストを維持しています♡

純資産総額もインデックスファンドの中では、非常に多く、792億円もあるので早期償還リスクもないので安心です。

まとめ

いかがでしたか?

3月のSBI証券の販売ランキング上位5ファンドについてまとめてみました^^

上位5ファンドのうち、日本株ファンドが4つもありましたね!日本株への期待が高まっているんだなーと感じました♡

2月以降、相場は荒れていますが、今後どうなるんですかね。。気になります。

とはいえ、金利の変動リスクや政治リスク等はあるものの、米国や日本の経済は順調に成長を続けているという状況は続いているので、私は引き続き、コツコツと積立投資を続けていく予定です。

ではまた^^