日本株式ファンド

【解説・評価】小型株ファンド(愛称:グローイング・アップ)-明治安田アセットマネジメント

『小型株ファンド(愛称:グローイング・アップ)』ってご存知ですか?

現在は、人気がありすぎて販売停止となってしまったファンドですが、SBI証券のトータルリターンランキングで上位をキープしていた人気商品です。しかも、直近1年のトータルリターンが+79.03%という好成績のファンドです!(2018.4.30現在)

商品の仕組みについてご紹介します^^

小型株ファンド(愛称:グローイング・アップ)とは?

  • 小型株ファンド(愛称:グローイング・アップ)
  • 運用会社:明治安田アセットマネジメント

日本の中小型株式(IPO銘柄等)へ投資

日本の上場企業のうち、新規株式公開を契機に新たな飛躍を目指す、企業家精神に溢れた「次代を拓く革新高成長企業」を主要な組入対象とします。簡単に言うと、新規上場してまもないIPO銘柄などの中小型株式に投資するファンドです。

出所:明治安田アセットマネジメント HP

日興アセットマネジメントの『日興グローイング・ベンチャーファンド』、SBIアセットマネジメント『SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)』と同じ助言会社を活用しており、投資対象や運用方針もほぼ同じです。

運用プロセス

個別企業の訪問等による詳細な調査・分析に基づいたボトムアップ調査で銘柄選定を行います。

また、その調査にあたっては明治安田アセットマネジメントの社員ではなく、成長株のスペシャリストであるエンジェルジャパン・アセットマネジメント株式会社(以下、エンジェルジャパン社)の投資助言を活用します。

 

運用プロセス・助言方針は以下の通りです。

<運用プロセス>

<助言プロセス>

エンジェルジャパン社は、経営者との個別直接面談を大切にしています。年間1000件近くの企業を定期的に訪問し、企業を取り巻く状況変化に素早く対応し、投資助言をおこなっています。

<銘柄選定プロセス>

出所:明治安田アセットマネジメント HP

ちなみに、エンジェルジャパン社って、あまり聞かないと思いますが、投資助言力においてとても優秀な会社です。

エンジェルジャパン社は、明治安田アセットマネジメントだけでなく、日興アセットマネジメント、SBIアセットマネジメントの中小型株式ファンドにも投資助言をしています。

有名なファンドで言うと、

  • SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)
  • 日興グローイング・ベンチャーファンド
  • 中小型成長株ファンド-ネクストジャパン-(愛称:jnext)
  • 新成長株ファンド(愛称:グローイング・カバーズ)
  • SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)などです。

これら全て、トータルリターンランキングで上位の大人気商品ですが、実はエンジェルジャパン社が銘柄を選定しています。最近では人気がありすぎて、販売停止になっているファンドも多い状態です。

 

商品詳細

そのほか、手数料等の概要は以下の通りです。

小型株ファンド(愛称:グローイング・アップ)

運用:明治安田アセットマネジメント株式会社
決算日:毎年8月12日
分配金:実績あり
設定日:2002年8月13日
信託期間:2022年8月12日
購入時手数料:上限3.0%(税抜)
信託財産留保額:0.5%
信託報酬:年率1.70%(税抜)
(2018年4月30日時点)

 

運用状況

騰落率

小型株ファンド(愛称:グローイング・アップ)の成績は、とても優秀なファンドの分類に入ります。

2018年3月30日基準の月次レポートによると、この不安定な相場の中、1年間で+79.65%も上昇しています!すごすぎますね^^直近1年はIPO銘柄が好調な1年だったようです。

出所:明治安田アセットマネジメント HP 月報(2018年3月末基準)

 

基準価額と純資産総額の推移

設定来のチャートは以下の通りです。

出所:明治安田アセットマネジメント HP 月報(2018年3月末基準)

 

右肩上がりですね!^^直近1年間で、ものすごい勢いで上昇しています。

 

組入銘柄

組入上位10銘柄は以下の通りです。

計57銘柄に分散投資しています。(ちなみに運用報告書の全体版を見ると、決算日時点で保有している全銘柄を確認できますよ♪)

中小型株式かつ上場して間もない企業に投資しているので、知らない銘柄が多めです。

とはいえ、個人では思いつかないような銘柄に厳選投資しているので、当たれば爆発的な株価上昇を期待できるかもしれません。

市場は東証一部の銘柄が5割ほど、東証二部や新興市場などで5割といった感じです。そのうち4割はマザーズです。

出所:明治安田アセットマネジメント HP 月報(2018年3月末基準)

 

分配金実績

直近だと2017年8月に170円の分配金を出しています。

ファンドの成績が好調にもかかわらず、あまり多く出し過ぎていない点は高評価です。年1回という点も良いです。

出所:明治安田アセットマネジメント HP 月報(2018年3月末基準)

評価

信託報酬は、年率1.70%(税抜)です。インデックスファンドと比べると、やはりアクティブファンドなので高いです。でも、1年間で80%弱のトータルリターンとなっているので、それを考えればアクティブファンドでも投資する価値はあると思います。^^

託期間は2022年8月12日までとなっています。延長する可能性もありますが、そのまま運用を終了する可能性もあるので購入する際には少し気を付けた方がよいですね。でも、純資産総額が現時点では301億円あるので、償還するかどうかは微妙なところですね><

◎分配金は、少なめなので個人的には高評価♪(←正直言うと、出さない方が良い)最近は、成績の良いファンドは分配金を多めに出すことが多いのですが・・。分配金が出るファンドは、購入後する際に再投資を選択しても投資効率が悪くなるので、分配金は出さない方がよいなー思っています。

◎成績優秀♪この1年は日本の中小型株&IPO銘柄が当たった年だったので、このファンドに限らず中小型のアクティブファンドは全般的に好成績となりました。これは相場次第なので、今後はどうなるかわかりませんが、助言会社のエンジェルジャパン・アセットマネジメント株式会社の助言力は優秀なので今後も期待したいです。

▲ただし、ハイリスクハイリターンの商品なので、投資の際にはご注意ください。このファンドの投資対象は、上場間もないIPOなどの中小型株式が中心となるので、上昇基調の相場では爆発的なリターンを上げます。一方、不安定な相場になってしまうと一気に売られて、大暴落してしまうリスクがあります。

※2018年3月15日(月)以降は、購入の申込受付を停止しているので、ご注意ください。(2018年4月30日現在)

まとめ

いかがでしたか?

SBI証券で大人気の『小型株ファンド(愛称:グローイング・アップ)』についてご紹介しました。

最近、成績が優秀なファンドは日本の中小型株式ファンドばかりですね^^去年は相場が良かったので、その恩恵を受けているファンドが多いようです。でも、今年の成績はどうなるんでしょう?

引き続き、チェックしようと思います。

ではまた^^