投資関連

若者はインターネット経由で投資信託を購入すべき!(金融業界裏話)

投資信託を購入しようと思ってはいるもの、ネットで手続きしようか?窓口に行こうか?迷っていませんか??

20~30代のインターネットに使いこなしている世代は迷う必要なく、インターネットでの購入をおすすめします!

その理由について、大手証券会社で働いた経験をもとにお話しします^^

   

 

インターネット経由で購入した方が良い理由

対面窓口では、そもそも小口客を相手にしません

私が働いていた証券会社では、営業員は1000万円以上の取引が望めそうなお客様にしか連絡はしませんでした。

 

はっきりいうと、大手証券会社では購入金額が100万円以下の客は相手にしません。

 

お客様の初回取引、職業、年収、年齢などから推定して、追加の取引が望めなさそうな場合には、その後、営業員から電話しませんし、会う機会もないと思います><

 

お客さんが営業員に相談したくて久しぶりに電話してみたら、いつのまにか担当が代わっていた、新人に代わっていた、というケースはよくあります。

 

営業員はノルマがあるのでご注意

営業員は毎月毎月、途切れることなくノルマを抱えています。それは、表向き「目標」といわれていますが、必達のノルマです><

なので、営業員が案内するのは必然的に販売手数料の高い商品になります。

 

また、今はなくなっていると思いますが私が4年前に証券会社で働いていた頃は、特定の商品の販売ノルマもありました。毎月、上層部から「今月は、この投資信託を勧誘してくれ」と指令がくるのです。

 

お客様が本来望んでいないものであっても、販売しなければいけないことも多く、心が痛みました><

 

営業員に聞くよりも、ネットで情報収集がおすすめ

個人的には、営業員に聞くよりもインターネットで調べた方が分かりやすい説明や本音が書いてあるので、おすすめです

 

たいていのことはインターネットに載っていますし、営業員が教えてくれない本音が載っていますよ♪

 

とはいえ、窓口で営業員に相談したい!っていう方もいるかもしれません。(あまりいないかな?)

もし相談したいのであれば、1度窓口で相談してみても良いと思います。でも、そこで案内された商品を即決するのは辞めた方がいいです。

あまり営業員を信用しすぎるのはよくないので、1度家に持ち帰り、冷静になってから購入することをおすすめします。

 

対面窓口は、販売手数料が高すぎる

インターネットで購入するのと、対面窓口で購入するのとでは、手数料が大きく異なります。

対面窓口の販売手数料は、高いです!

 

例えば、窓口で販売手数料3%(税抜き)かかる商品も、インターネットで購入すれば0%になる!という商品がたくさんあります。

投資信託を100万円購入した場合、販売手数料は税抜き3万円です。インターネットで購入すれば0円!単純に3万円も差が出ます><同じ商品なのに、もったいないですよね。

 

若い世代は、ネットショッピングやネット予約にも慣れていると思うので、投資信託や株を購入する際もネットでぜひチャレンジしてみてください。

SBI証券や楽天証券など、大手ネット証券であれば商品の品揃えも豊富ですし、販売手数料0円の商品がとても多いので、確認してみてください。

 

まとめ

以上をふまえて、若者は迷うことなく、投資信託の購入はインターネット経由がおすすめです^^

商品数の多さや販売手数料0円の魅力は、大きいです!!

ネット証券、ネット銀行、銀行のネット口座などなど、会社によって特徴は異なるので、ぜひ比較検討してみてください。