日本株式ファンド

【解説・評価】マネックス・日本成長株ファンド (愛称:ザ・ファンド@マネックス)-アセットマネジメントOne

アセットマネジメントOneが運用する『マネックス・日本成長株ファンド (愛称:ザ・ファンド@マネックス)』という投資信託をご存知ですか?

商品の仕組みや、このファンドに対する個人的な感想について、詳しくご紹介します^^

マネックス・日本成長株ファンド (愛称:ザ・ファンド@マネックス)とは?

  • マネックス・日本成長株ファンド (愛称:ザ・ファンド@マネックス)
  • 運用会社:アセットマネジメントOne

国内成長株式に投資

●主として、わが国の株式の中から、「インターネット関連企業の株式」を中心に投資を行います。

 

どんな企業かというと具体的には、

  • インターネットの各種インフラを構築する企業
  • インターネットをビジネスのインフラとして活用する企業

を指します。

こうした企業は、インターネットの普及・拡大により直接恩恵を受けることができます。

また、インターネットをビジネスに活用することで、事業の発展、高い利益成長が期待できると考えているからです。

 

●「ファンドに組み入れるひとつひとつの銘柄の選択」を重視した運用を行います。

●純資産総額の30%の範囲内で外貨建資産への投資を行うことがあります。外貨建資産への投資にあたっては、機動的な為替ヘッジにより、為替変動リスクの低減に努めます。

 

運用プロセス

運用プロセスは以下の通りです。

出所:アセットマネジメントOne HP

徹底した個別企業調査や、産業調査など広範かつ精緻なファンダメンタルズ分析に基づき、個別企業の投資判断を行ないます。

 

銘柄選定においては、

強固なビジネスモデル、潜在市場の規模と成長性、経営者の資質、企業業績、株価バリエーションなどに着目していきます。

 

商品詳細

そのほか、手数料等の概要は以下の通りです。

『マネックス・日本成長株ファンド (愛称:ザ・ファンド@マネックス)』

運用:アセットマネジメントOne
決算日:7月25日
分配金:実績あり
設定日:2016年1月29日
信託期間:無期限
購入時手数料:ありません!!
信託財産留保額:0.3%
信託報酬:年率1.47%(税抜)

(2018年7月28日時点)

運用状況(2018年6月末現在)

基準価額の推移

基準価額:28,232円 純資産総額:5,275百万円

設定来のチャートは以下の通りです。

出所:アセットマネジメントOne HP 月報(2018年6月末基準)

2018年2月に世界的な株価暴落がありましたが、暴落前の水準を余裕で上回るまでに回復しています。

まだ回復していないファンドが多い中では、かなり優秀な分類といえると思います。

ここ数年の成績はとても良いですね・・・!!

 

騰落率

出所:アセットマネジメントOne HP 月報(2018年6月末基準)

2018年6月末基準の月次レポートによると、1年間で+47.8%上昇しています!

成績の良いファンドをいくつか紹介してきましたが、それらのほとんどは+30%前後の成績でした。

なので、このファンドは直近1年においては相当成績が良いファンドといえます!

マネックス証券でのみ販売しているので、知らない方が多いかもしれません。隠れ優良ファンドですね^^

 

組入銘柄

組入上位10銘柄は以下の通りです。

出所:アセットマネジメントOne HP 月報(2018年6月末基準)

 

計107銘柄に分散投資しています。

(ちなみに運用報告書の全体版を見ると、決算日時点で保有している全銘柄を確認できますよ♪)

インターネット関連の企業ということで、カタカナだらけですね!笑

 

市場別は以下の通りです。

出所:アセットマネジメントOne HP 月報(2018年6月末基準)

 

分配金実績

分配金は以下の通りです。

出所:アセットマネジメントOne HP 月報(2018年6月末基準)

月報にはまだ載っていませんが、直近は2018年7月に500円の分配金を出しています。

個人的には分配金は出さなくてよいと思っているのでマイナス評価><

 

評価

◎成績優秀

2018年6月末基準の月次レポートによると、この不安定な相場の中、1年間で+47.8%上昇しています!

2月の暴落前の水準を余裕で上回るまでに回復しており、日本株ファンドの中でもかなり成績の良いファンドといえます。

 

◎信託期間が無期限

日本株ファンドって、信託期間を10年程度で設定しているファンドが多いんですよね。。。

でも信託期間=運用期間が決まっていると、相場が暴落した際に挽回できない場合もあるので、注意してくださいね。

一方、このファンドの信託期間は無期限!です!

期間について気にしなくて大丈夫なので、その点は安心ですね。

 

▲分配金あり

2018年7月に500円の分配金を出しています。

個人的には分配金は出さなくてよいと思っているのでマイナス評価><

分配金が出るファンドは、分配金を再投資したとしても投資効率が悪くなってしまうので、分配金は出さない方がよいなーと思います。

 

▲テーマ型ファンドは流行り廃りがある

このようなテーマ型ファンドには流行り廃りがあります。

これから市場が拡大する!という期待感から、ここ数年はインターネット関連の株式が上昇しています。

しかし、成長がひと段落した場合もしくは、新たな成長期待の高い市場が現れた場合には、急落する可能性もあります。

なので、ほったらかしにせず本ファンドのテーマが時代に合ったテーマかどうかを、定期的に必ず確認するようにしましょう!

 

▲販売会社はマネックス証券のみ!

残念ながら、このファンドはマネックス証券でしか購入できません!!専用ファンドのようです。

SBI証券でも販売していたら、購入を検討したかもしれませんが、マネックス証券の口座を開設するほどでもないかなーという感じ。

ファンド名にマネックスと名前が入っているので、今後もおそらく販売会社の拡大は見込めないと思います><

 

まとめ

いかがでしたか?

『マネックス・日本成長株ファンド (愛称:ザ・ファンド@マネックス)』についてご紹介しました。

良し悪しありますが、悪くはないと思います。

むしろ、かなり気になる!!

でも、マネックス証券でしか購入できないので買わないかな。。

 

ではまた^^